気功施術で古傷の痕を消してみたお話

どうも、ますてぃと申します。

 

あるクライアント様から

施術経過の写真をいただきました。

 

親指のおよそ3年前の古傷痕を

消してみました。

 

こちらです^^

 

 

若干、フラッシュ・光の差はありますが、

ほとんど目立たなくなりましたね。

 

美容気功とでも申しましょうかね^^

 

 

現在は一般に、

およそ3年以上前の深めの傷で、

褐色化したもの・白色化したものは、

傷跡が残り消えないとされています。

 

外科手術的に、皮膚を張り替えたりするそうですね。

 

僕の施術は気功施術ですので、

薬や手術の様な負担や副反応はありません。

 

今回の案件は、

正確にいつごろ傷痕が目立たなくなったかは不明ですが、

ご報告いただいたのは初回施術から3ヶ月半でした。

 

傷跡は勲章になる場合もありますが、

いじめや劣等感のキッカケになる場合もあります。

 

サクっと消してしまって、

描きたい人生の方向へいくのも

選択肢の一つですよね^^

 

施術の詳しい案内はこちら

外出不要の心身ケア・遠隔気功ヒーリング

 

#遠隔気功ヒーリング 

#美容気功

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA