奇跡とまでいかないが究極のミネラル・マグネシウム

どうも、ますてぃと申します。
今回はマグネシウムのお話です。
必須ミネラルの中でも特に重要なミネラルです。

マグネシウム 効果.png

後述しますがとても重要にもかかわらず、
特に現代人は不足しています

これを機に、
生活を見直すヒントになればと思います。

【マグネシウムの摂取量】

栄養学的なマグネシウムの必要摂取量は、
現在のところ、
男性350mg、女性300mg、

と言われています。

数値は参考として、
重要なのは、
現在、日本に暮らす人の多くは、
マグネシウムの摂取量が少ないということ。

厚労省の発表によると、
日本人の平均摂取量は250mg/日です。

少ないですね・・・
500mgほどの摂取を推奨する人もいます。

マグネシウムは摂り過ぎても、
お腹が下るだけです。
見方を変えれば下剤代わりですね。

事実、酸化マグネシウムというかたちで、
便秘薬の主成分になっていますから^^

【マグネシウムの働き】

人間はマグネシウムを使って、
少なくとも600種類以上の酵素反応を起こし
ホルモンバランスを管理しています。

言い換えますと、
マグネシウム不足による影響は
極めて多岐にわたるわけです。

マグネシウム不足が関連する症状を挙げてみます。

高血圧、メタボリックシンドローム、糖尿病、
動脈硬化、うつ、偏頭痛、不安症などの精神疾患、
脳の過度な興奮やキレやすさ、
心筋梗塞、不整脈、脳卒中、
筋肉の痙攣、かっけ(手足がつる)、
インスリン抵抗性、ストレス耐性の劣化、などなど・・・。

まさに生命のミネラル

これらの症状は、
マグネシウム不足を知らせる
サインとも言えますね^^;

マグネシウムを十分に摂取することで、
これら様々な症状の改善が期待できます。

他にもデトックスの促進
骨密度の上昇
アンチエイジング・抗老化などに貢献します。

「高血圧」については別途記事で
詳しくお伝えしていきます。

ここでは極端に高い血圧を
安全圏で安定化させるのに役立つ、とご理解ください。

【マグネシウムの摂り方】

マグネシウムは、
単体ではほとんど吸収できません。

吸収率、私たちのカラダの仕組みから、
食べ物を通して摂るのが一番です。

マグネシウムに限った話ではありませんが。

そもそも、
栄養価の著しく低い食品を
食べているので、
特定の栄養素不足が起こるのは、
必然ですね。

「だからサプリメントで補いましょう」
と言うのが、
大人の事情にあふれた業界の理屈です。

このブログを始めるきっかけにもなった、
私の問題意識の一つはここです^^;

見直すべきは
栄養価の低い食事そのもの
そして、
それを生んだ背景でしょう。

シンプルに、
有機栽培自然栽培元気な野菜」を、
いろんな種類いただきましょう。
とにかく栄養価が豊富です。

その前提で、
マグネシウムを多く含んだ食材をご紹介します。

ずばり、
海藻類葉物野菜豆類種系です。

一例ですと、
アオサ、昆布、ひじき、わかめ、
米、大豆、バジル、モロヘイヤ、しそ、
ナッツ系、アーモンド、ごま、そば、緑茶、豆腐・・・

それから、
野草ですがスギナ

オススメです^^

スギナについては別に記事を書いています。

こちら

【見直されるべき和食】

こうして、食材郡を見てみると、
お気づきになるかと思います。

そう、日本の土壌(陸・海)でとれるものは
マグネシウムが豊富です。

そして、青いものはできるだけ青いまま、
あるいは発酵させて吸収率を上げて、
食べてきたのが「和食」なんですね。

和食の持つメソッドを生かしつつ、
元気な食材を楽しく食べて、
マグネシウムを補給していきたいところです^^

===================

食や暮らしの改善のお手伝いをさせて頂いております。

詳しくはこちら