清潔すぎる環境は本当にいいの?〜免疫力って何だろう?〜

どうも、ますてぃです。
今回は免疫力について考えていきたいと思います。


私が誰かから体調不良を相談された場合は、
真っ先にデトックスと、
日用品の化学物質の確認を勧めています。


それから、睡眠の質、食事の質、
酒やタバコの生活習慣、ですね。


人体に毒物や最近などの外敵が入った場合、
本来は免疫が働きます。


胃酸による消化、肝臓による解毒、
血中のマクロファージによる捕食などなど、
奇跡とも言える緻密なバランスで、
私たちのカラダは生命を維持しています。


なぜ第一にデトックスであり、
日用品の成分確認なのかは、
このサイトをお読みいただければ
おわかりいただけるかと思います。


現代は圧倒的に
入ってくる毒の方が多いのです。


ラウリル硫酸ナトリウムだとか、
エデト酸塩だとか、TEAだとか・・・


以前頑張ってみましたが、
個別で覚えるにはやはり多すぎます(苦笑)。


また、すべての化学物質の体内での反応、
しかも長期的な使用による弊害を、
熟知するのはちょっと大変です。


また、特に人間が作り出した化学物質は、
人間の体が想定していないルートから、
侵入するようになりました(経皮毒)。


免疫系自体が破壊されることと、
多勢に無勢なイメージですね。


ですから、溜まっている毒素を出す(デトックス)
できるだけ化学物質との接点を減らす、
この二点に意識を向けるよう提案するわけです。


これらを突き詰めると、
理論上は無菌室のような清潔さにたどり着きます^^


無菌・無化学物質・無毒物な生活・・・
するとどうでしょう。


第一に、カラダが、
外敵と戦う能力を失い始めるんですよね^^;


外敵と戦う能力、
つまり免疫力が落ちていきます。


実は免疫系は、学習して育つものです。


自分を外敵から守るには、
自分を害する「外からやってくる敵」を
知らなくてはなりませんからね。


出会って、立ち向かうことで、
免疫は学び強化されていきます。


最も免疫が育てられる時期は、
20歳ごろまでと言われています。


これは獲得免疫のひとつ、
T細胞」の育成に関係しています。


T細胞が外敵の知識や戦い方を学ぶ場所が、
胸腺と呼ばれる器官です。


一般にこの胸腺は、
いわゆる思春期に成長のピークを迎え、
20歳ごろには衰えていくとされています。


この頃までに、
「T細胞」たちがどれだけの学習ができたか、
言い換えればどれだけの外敵(抗原)と出会ったかが、
免疫の核の一つとなるわけです。


では、理論上の無菌室はどうでしょう?


そうです、外敵がないため、免疫が育ちません。


他の免疫の役者たちも、同じことが言えます。


ある程度、外敵と戦っていないと、
働きが鈍っていくわけです。

 

==========

2020年追記

第二に、

有益な菌まで排除しまいます。

菌の世界は多様性に富み、

私たちとの関わりも解明されきっていません。

 

実は、微生物たちと共存関係を築くことで、

私たちの「健康な」心身が作られている、

ということがわかってきました。

 

これらを排除してしまうことで、

我々の心身は不調をきたしてしまいます。

================


繰り返しますが、
現代は、まずはデトックス、
多すぎる化学物質を減らすことです。

また、気をつけたいのは、
毎日家中を除菌したり、
毎日強力なデトックスを繰り返したりと、
清潔・快適すぎる暮らしを
作ってしまうことです。

特に小さなお子さんがみえるご家庭は、
T細胞の学習のためにも、
適度に外で遊ばせることも
心がけられてはいかがでしょうか。