簡単!マグネシウム水素発生グッズ 作り方と注意点

どうも、ますてぃと申します。
今回は、水素を家庭で簡単に使うためのグッズを、
自分で作ってしまおう!と言う記事になります^^

なんでわざわざ・・・と思う方もいるでしょうが、
原理がわかれば応用が利きます^^

自宅で、量産やカスタマイズが可能です。
と、いうことで、
早速材料からご紹介しましょう!

【材料】

1 高純度のマグネシウム
マグネシウムは、
純度の高いもの(99.9%以上を謳えるもの)を
用意します。
DIY用の大容量のものが売られていますので、
お買い得ですよ。

<2019年6月追記>
手前味噌ですが、私もマグネシウムの量り売りを始めました♪
よろしければご活用ください。
メルカリへ

2 通気性の良い丈夫な生地

【作り方】
通気性の高い生地でマグネシウム粒を包み、
こぼれないよう、しっかり縫って閉じ込めます。
以上になりますw

あっけないほど簡単ですよね?

素材や形は自由にアレンジしてみてください。

使用の目安がわかりやすいので、
マグネシウムの内容量は
50gや100gといった単位がオススメです。

素材は、ご家庭にある、通気性の良い、丈夫な素材なら、
なんでもいいです^^

いらなくなったストッキング、
メッシュ生地のTシャツ、肌着、
靴下なんかがいいですね^^

あまり目が荒いと、
マグネシウムがこぼれますので、
その点だけご注意ください。

今回は洗濯用にと考えて作った模様を、
参考までにお届けします。

ガンガン洗濯機で回すので、
いらなくなった丈夫な靴下で作ってみました。

マグネシウム洗剤blog.jpg

入浴剤がわりにする予定の場合は、
特に通気性の良いをお勧めします。

お友達やご家族と、
ワイワイ作るのもイイですよね♪

【実際の使用時の目安】

実際の使用時の目安は、
洗濯の場合、
洗い物5kgに対してマグネシウム100g

入浴剤がわりの場合は、
水1Lあたり1g
を目安にされるとイイと思います。

マグネシウムを多くしても、
水やお湯に溶ける最大の水素量は
決まっています。

マグネシウムを増やせば、
より短時間
多くの水素発生や水のアルカリイオン化が起こりますが、
水に溶けない分の水素は、
空気中へ逃げていきます。

単にマグネシウムの使用量を増やせば良い、
ということではないですね。

また水素が多すぎる、ということも起こりません。

詳しくはこちらの記事
ご覧ください。

仕様頻度にもよりますが、
1回40分の利用で300回
を目安に、
もし、効果が落ちてきた場合は、
新たに作り直すか、
酸化還元をされるといいでしょう。

マグネシウムは使うほど、
少しずつ消耗していきます。

【注意点】
塩素系漂白剤、
「脂肪酸ナトリウム」や「脂肪酸カリウム」を含む
石鹸や洗剤との併用はしないようにしましょう。

【使用済みマグネシウムはどうする?】

私は家庭菜園をしていますので、
プランターや畑にまくことをお勧めします^^

また、酸化還元ができる方は、
最大限に再利用もできます。

人にも、財布にも、地球にも優しい、
とっても魅力的なグッズです!
是非、ご家庭で作ってみてくださいね^^

===================

今回の記事はいかがでしたでしょうか?

基本「ゼロ円」で提供しております。

お値段は読者である「アナタにとっての価値」で

決めていただければと思います。

価値的だったと思われましたら、

サンキュープライスで支援もお待ちしております。

paypal振込先

paypal.me/masty773