今の時期だから試したい【スギナ】の想像を超えた力

どうも、ますてぃと申します。

生命の息吹溢れる春がやや落ち着いて、
「さあ、命を育むぞ!」と
草木が伸びる時期になってきました。

私は花が一気に咲き誇る時期も好きですが、
この若葉の茂り始める時期も、
とても好きです^^

今回は、この時期にだけ手に入れられる、
非常に優れた植物「スギナ」のお話です。

___________________

【スギナって?】

スギナは道端でよ〜〜く見かける「雑草」の一つです。
有名なのは、春先にニョッキと伸びる「ツクシ」。

ツクシはスギナの胞子茎で、
一般に「スギナ」と呼ばれるのは、
同じ体(地下茎)から伸びた栄養茎のことで、
茎と葉から成り立っています・・・

_MST8368.jpg

小難しくなりましたが、知っておかれるといいですね^^
なぜなら、ツクシが生えた場所に、
今回の目玉である「スギナ」が茂るからです^^

___________________
【嫌われ者のスギナ

スギナは後述する通りとっても魅力的な植物です。

ですが、そのあまりの生命力に、
農作業をされる人々から忌み嫌われる存在でもあります。

駆除が困難なため「難防除雑草」なんて呼ばれたり、
しっかり根をはることから「地獄草」と呼ばれます。

ちょっとした花壇や畑が、
一面スギナだらけなんて光景をよく目にします^^;

___________________

【その優れた栄養素】

スギナの凄まじい生命力、
一説では放射能汚染された土壌で
いち早く伸び始めた植物であったと言われています。

植物は、その体内で活性酸素と戦うために、
ビタミンやミネラルを形成します。

厳しい環境下で育つには、
さらに外的ストレスに立ち向かう力が
なくてはいけません。

つまりスギナ自体が
強い抗酸化力を持っている
また、それに必要な栄養素を作り出している
ということです。

この抗酸化力は、ほぼそのまま、
利用する私たち人間にも恩恵となります。

栄養素的にみてみますと、
ケイ素鉄分リン
カルシウムマグネシウム亜鉛カリウム
ビタミンC葉緑素などを多く含みます。

もう、ミネラルの宝庫ですね!

私がスギナを調べ始めた理由の一つが「ケイ素」ですが、
スギナは非常にケイ素の含有量が多い植物です。

ケイ素については別の談にします。

栄養素の割合はもちろん、育つ土壌によって変化しますが、
カルシウムとともにマグネシウム
適度に含まれている特徴があります。

___________________

【スギナ摂取のメリット】

スギナの生命力を支える抗酸化力(栄養素)、
これが示す私たちのカラダへのメリットは何でしょうか?

これらミネラルをセットで摂れるということは、
私たちのカラダ自体が本来持つ能力を取り戻す
ということになります。

スギナで病気が治る〜などというより、
自然治癒力(免疫力や再生力)、
つまりは私たちの生命力を取り戻す、というほうが
理にかなっている感じですね。

強いて言えば強化できるです。

ここがとても大切です。

私たち自身の生命力が取り戻せる、強化できるです。

よって、期待できる結果は多岐にわたります!
一例を挙げていきますね。

・・・・・・・・・・
1 デトックス

まずは何と言ってもデトックス(体内解毒)に、
大いに貢献してくれます。
このブログの主題のひとつでもあります。

現代の疾患の大半は、
カラダ(体・心)に溜まった毒素によります。
有害化学物質ストレスですね^^;

スギナはとにかく利尿作用が強いです^^;
そのため、有害物質や老廃物の排泄を
大いに助けてくれます

ちょっと不摂生した時や病気がちな時に飲んでみると、
尿の色で一層効果を実感するでしょう。
いかにも毒素や老廃物を出した、という色になります^^;

利尿作用によって改善が期待できる疾患は、
腎臓結石膀胱炎などの泌尿器系の疾患むくみなどです。

また排便も促してくれますので、
便秘解消にも一役買ってくれます。

排便排尿は、デトックスの大部分を占める
大事な生理現象です。

・・・・・・・・・・
2 骨の強化・改善
骨粗鬆症の改善、骨の強化、
コラーゲンの強化が期待できます。

私たちはストレスや毒素に囲まれると、
骨からミネラルを引っ張ってきて対抗します。
知らず知らずに弱ってしまいがちな骨を、
強化してくれます。

・・・・・・・・・・

3 ホルモン物質の調律
私たちが無意識に行っている、
微細なホルモン物質運用の調律に貢献してくれます。

これも、多くの不調の改善、または健康の増進に
つながります。

・・・・・・・・・・
4 抗酸化・抗炎症作用
高い抗酸化力はそのまま、
炎症反応の軽減解消に役立ってくれます。

私たちは有害化学物質やストレスにさらされると、
悪い活性酸素(いい「活性酸素」もあります)を
作っていきます。

これがカラダを壊していきますし、
老化を加速させる要因となります。

スギナの抗酸化力は、
この活性酸素を無力化してくれます。
この作用も(笑)、多くの不調や健康増進につながります。

外面でいうと、皮膚や髪のダメージ、
髪や頭皮のトラブルの改善に期待が持てます。
癌(ガン)の予防、ガン細胞の縮小にも役立ちます。

・・・・・・・・・・
このほか、放射能汚染の除去血液浄化循環器系強化
糖尿病高血圧発熱などの改善にも、
効果が期待できるスギナ。

古くは中国の『本草綱目』(ほんぞうこうもく)という
薬草時辞典にも紹介があります。

ドイツの自然療法の父セバスチャン・クナイプ( 1821~1897)も
スギナの優れた効能に注目していました。

繰り返しになりますがスギナは、
私たちの生命力を取り戻し強化してくれる薬草です。

その結果を、個別の病名改善と書いてしまうと、
かえって可能性を制限してしまうかもしれませんね。

___________________

【利用方法】
多様な生命機能を整え強化してくれるスギナ。
どのように利用するといいのでしょう?

内服(お茶など経口摂取)、
外用(湿布や塗る方法)両方で活用できます。

毎日のトータルなケアと、
特に改善したい部分への個別アプローチと、
使い分けるのも良いかと思います。

もっとも気軽に利用できる方法は、
「お茶」にする方法ですね^^

お茶ができれば、外用で応用することもできます。
ですので、まずお茶の作り方からご紹介します。

・・・・・・・・・・
1 スギナを摘む
できるだけ、排気ガスや農薬、
化学肥料で土壌が汚染されていない場所で、
スギナを摘みます。
・・・・・・・・・・
2 よ〜〜く洗う
どれだけ優れた「薬草」でも、野草です。
動物の糞尿や微生物、
何が付いているかわかりません・・・。
まずは流水で、よ〜〜く洗いましょう。
そして水気をしっかり切ります。
・・・・・・・・・・
3 干す
通気性の良い日陰で1〜2日干します。
直接日に当てると、葉緑素が減ってしまいます
香ばしい風味を足したい場合は、
フライパンなどで乾煎りするのがオススメです。
・・・・・・・・・・
4 細かくちぎる
乾いたスギナを、綺麗なハサミや手で
細かくちぎって(切って)いきます。
またはミルなどで粉末状にします。
これでスギナ茶葉の完成です^^

茶葉の缶(アルミ)やガラス瓶などに入れて、
直射日光の当たらない涼しい場所で保管します。

(冷蔵庫がお勧めです)

乾燥剤と一緒に入れると、
ある程度湿気るのを防ぐことができます。

スギナを探して摘んで茶葉を作る・・・、
正直、手間だと言う方もいらっしゃると思います。

そんな方のために、
茶葉の紹介だけしておきますね。

【純国産 福岡県産100%】完全無農薬・無肥料の自然栽培【すぎな茶葉】20g

・・・・・・・・・・
5 淹れる
初級 いわゆるお茶
一般のお茶のように、ティーポットや急須で淹れます。
お湯300mlに対し15gほどを目安にされるといいでしょう。

5〜10分おけば完成です。
手軽ですし、まずはこちらから試すと良いと思います^^

スギナ茶.jpg

中級 水出し
飲料水にスギナの茶葉を入れ、
6〜8時間、冷蔵庫に入れ水出しします。
茶葉は細かくするほど、水出しに向きます。

最大のメリットは
熱によるビタミンや葉緑素などの栄養素の破壊がないこと

時間はかかりますが、
スギナを最大限に楽しめます^^

ただ、多くの場合、
冷えた水分はカラダに負担ですので、
飲む際は常温にされるとよいでしょう。

ちょっと上級 煎じ茶
飲料水500mlに、スギナ茶葉10〜20gを入れて、
とろ火で10〜15分煮出します。

あまりグツグツやってしまうと、
スギナの最大の魅力である酸化還元力が落ちてしまいます。
できるだけ静かに煮出してください。

1日の飲用量の目安
健康維持・増進の人の場合はスギナ10g、日に1〜3度、
病気の人の場合は20gを煮出し、日に3度〜5度飲用します。

飲むタイミングは、空腹時・食間に、
チビチビと舐めるように飲むといいですね。

利尿作用が強いので、
水分(ミネラルウォーター)の補給もお忘れなく。

作り置きもいいですが、
作ったお茶は、その日のうちに飲みきりましょう

できるだけ、その都度、温め直すといいでしょう。

子どもの場合の飲む量
大人の1/3〜半分くらいが目安です。

お茶ですし、
シンプルに楽しむのもいいでしょう。

実際の煎り具合や濃さは、
好みに加減してください。

スギナ茶は、笹とイグサの間のような香りがしますよ^^
私はちょっと苦手でしたので、
軽く煎って香ばしさを足しています。

___________________

【スギナを食す】
スギナを食べる場合。
スギナを良〜〜く洗って水を切ります。

色々な調理で利用できます。

おひたし、天ぷら、卵とじ、ソテー・・・

乾燥させたスギナを挽いて、
ふりかけを作る、まんじゅうやパンに練り込む、
なんていうのもいいですね。

___________________

【食べる飲む以外の利用方法】
スギナ茶を冷やす、あるいは水で出します。
化粧水として利用できます。
染み込ませたパックなんかいいですね。
スギナの抗酸化力でシミ軽減などにも期待が持てます♪
ということは・・・
スギナ風呂もできるんじゃない??
はい、第3のデトックス風呂決定です^^
歴史を考えますと、
「第一の」と言うべきかもしれませんね。
___________________

【スギナ風呂】
最大限スギナの成分を生かすため、
成分を抽出したお風呂を作ります。

煎じ茶と同様に煮出した抽出液、
または水出ししたものをお風呂に足します。

個人的には水出しがオススメです^^

お風呂の温度は37〜40度、
15分〜30分じっくり浸かります。

ダイレクトに、
皮膚系の炎症を抑えてくれますし、
抗酸化力の恩恵で、
肌が綺麗になったり、
シミなどの軽減に貢献してくれます^^
___________________

【注意点や利用を控えたほうがいい人】
スギナはチアミナーゼ、

植物毒のアルカロイドを含んでいます。

このため

長期間の大量摂取は
チアミン(ビタミンB1)欠乏症を招く可能性がある、
とされています。

が、
ゼンマイやワラビなどの山菜にも
チアミナーゼは含まれていますし、
アルカロイドは多様な種類があり、
多くの食用植物にも含まれています。

・・・よほど大量に食用しない限り、
疾患や副作用は考えにくいです。

念のため以下の方は摂取を控えてください。

・心臓、腎臓の不全を有する人
・ニコチン過敏症の人
・スギナにアレルギー反応がある人
・妊婦さんや母乳中のお母さん

副作用より、
スギナが育つ環境下の化学物質の方が
よほど現実的なリスクです^^;

摘み取る場所をよく選び、
下ごしらえをしっかりして活用していきましょう♪

スギナ茶2.jpg

===================

食や暮らしの改善のお手伝いをさせて頂いております。

詳しくはこちら