新型コロナウイルス から身を守る知識2020.1.28記

どうも、ますてぃと申します。

武漢発とされる新型コロナウイルスから、
どう身を守っていけるか、
書いてみました。

photo from Wuhan Institute for Virology

(書ききれないのですが)

早速ですが本題です。

まず、報道や「新型コロナウイルス 」という名前に

振り回されず、正しく恐れていきましょう

報道等で集めるべき情報は、

被害の広がり方より、

ウイルスの感染経路、形、特徴、症状などですね。

「新型」ですので感染力や致死率など、
ウイルスの全貌がまだまだ不明です。

ですが、類推することで、

被害を軽減することは可能です。

「新型コロナウイルス 」は

「コロナウイルス 」であり、

コロナウイルス は

「エンベロープを持つウイルス 」です。

photo from Wikipedia

エンベロープとは何ぞや、

ということはこれからお伝えしますが、

「エンベロープを持つウイルス」を効果的に除去できる方法なら、

「新型コロナウイルス 」も除去できる可能性が高いです。

その方法は、後半でご紹介します。

【基本の考え方〜予防原則に徹する】

予防原則に徹する、というのが根本となりますね。

そのための要点は、次の3点です。

1 有益な常在菌を増やす、活性化させる。
2 常在菌を含めた「免疫」を強化する。
3 ウイルス自体を身の回りから除去する。

いろいろな方法がありますが、
下手に耐性を持たせるのを避けるため、
できる限り化学薬品を使わない方法を推奨します。

1 有益な常在菌を増やす、活性化させる。

まず、とにかく身の回りの有益な菌を増やす、活性化させましょう。

ウイルスは、無菌室で暮らさない限り、
侵入を0にはできません。(事実上、不可能)

できるだけ減らしつつ、
迎え撃つ叡智が必要ですね。

たとえば乳酸菌たちは、ウイルスを捕食するものもいます。
生成する乳酸自体にも強い殺菌(ウイルス)力があります。

生活空間、自身の体に、乳酸菌を増やすことは有益です。

市販のEM菌を使うのも良いでしょうし、
自家製の有益菌液を作るのも良いでしょう。

このブログでは、作り方も紹介しております。

経口摂取(飲む食べる)のはもちろん、
散布することもオススメです。

暮らしの場や体内体表に、
「私たちに有益な菌」の支配圏(細菌叢)を作っていきましょう

細菌叢も非常に関連しますが、免疫系の強化をしましょう。
未知のウイルスでも、体が「敵」とみなせば戦ってくれます。

数々の症状は、
免疫が外敵と戦っている証拠なんですね。
「ウイルスに負けない」状態を作っていく必要があります。

2 常在菌を含めた「免疫」を強化する。

そのためには、

質の良い食事、ゆったりした入浴

質の良い睡眠を心がけてください。

農薬や抗菌剤、添加物、抗生物質入りの

日用品や食べ物は、
できるだけ避けてください

意識していただきたい栄養素を

あえてピックアップするなら、

マグネシウムケイ素ですね。

色の濃い野菜や海藻類、豆類に多いです。

また、発酵食品を摂るようにしてください。

味噌やヨーグルト、漬物などですね。

市販品でしたら、

菌が生きている」等の表現のものを選んでください。

殺菌処理されて、菌が死んでいるものも少なくありません。

市販のヨーグルトなら、

複数の企業のものを摂ってください(混ぜてもいいですね)。

豆乳ヨーグルトは特にオススメです。

食事は腹八分がいいですね。

オススメの入浴方法は、

このブログでもご紹介しています。

ゆったり入るのが大切です。

スマホやゲーム、働きすぎを見直して(^^;)、
ぐっすり眠る時間をとってください。

もっとも免疫が発揮されるのは、
リラックスしている状態(副交感神経優位の状態)です。

最大限にリラックスしていくための呼吸法もあります。

ただし、アレルギー疾患のある方は、

温めすぎたりすると、かえってひどくなることがあります。

そして、ウイルスを身の回りから除去する。

3 ウイルス自体を身の回りから除去する。

まず、温度湿度です。
湿度が一定以上だと、ウイルスを浮いていられず地面に落ちます。
すると、彼らが生存条件としている「人体」への付着ができなくなります。
また、私たち自身の粘膜も補強されるので、
ウイルスの活動力がさらに落ちます。

室温16℃の場合、湿度70~75%
室温18℃の場合、湿度60~65%
室温20℃の場合、湿度55~60%
室温22℃の場合、湿度50~55%

を目安にしてみてください。

ただし、すべてのウイルスが
この条件で動かなくなるわけではありません。

WHOや日本政府は、

手洗い、うがい、マスクを奨励しています。
それはそれで良いと思います。

うがいやマスクに、そこまで効果があるとは思えませんが。

トリクロサンなど薬品の殺菌成分が入っているものは、
避けたほうがいいですね。

第一に有益な常在菌も殺してしまいますし、

耐性菌を作るリスクがあります。

有益な常在菌をなるべく残しつつ、
ウイルスを除去するために提案したいのは、
緑茶の活用です。

王道 緑茶のカテキン

「エンベロープを持つウイルス」の除去に効果的、

かつ、常在菌をなるべく殺さないのが、

緑茶です。(ここでは主に煎茶・番茶)

しかも、通常濃度(急須で淹れた程度)であれば、

人体への悪影響はまずありません。

もっとも馴染みの深い素材のひとつですね。
身近過ぎて気付かなかった、
という方もいらっしゃるかもしれません。

使い方をご紹介します。

1 お茶をこまめに飲む(通常の濃度)
2 お茶を手や物、室内に噴霧する(薄めます)
3 お茶を喉・鼻から吸引する(薄めます)

できるだけ細かく考えていきます。

原理を知ることで応用ができますからね^^

まず、ウイルス除去の鍵となるのは、カテキンです。

カテキンは、

緑茶に含まれるポリフェノール成分です。
非常に優れた抗菌作用、抗ウイルス作用、
抗酸化作用、免疫促進効果、
などなどがあります。

急須で淹れる通常の緑茶には、
120ml中80mg前後のカテキンが含まれています。

ここからはこの「通常の緑茶」を前提にお話ししていきます。

カテキンを細かくすると、

1.エピガロカテキンガレート(EGCg)
2.エピガロカテキン(EGC)
3.エピカテキンガレート(ECG)
4.エピカテキン(EC)

というように種類もあります。

80度以上のお湯(急須で淹れるような場合)で

もっとも抽出されるのは、1.のEGCgです

濃度にすると、500~1000ppm程度となります。
(なんとなく単位があると思ってください)

それぞれに特徴が異なりますが、

ここからはこの EGCg に絞ってお話しします。

研究室での検証レベルでは、
EGCg 32ナノグラム/ml(32ppm)でも、
インフルエンザウイルスのほぼ100%が不活化(死滅)しました(*1)。

これはインフルエンザにだけ特別な働きがある、
というわけではありません。

インフルエンザウイルスも

「エンベロープを持つウイルス」です。

基本的な原理を押さえてみましょう。

EGCgの働き

EGCgは、ウイルスに対して、次のような働きを持ちます。

1 ウイルスがくっつかないようにフタをする
2 エンベロープ(外の殻のようなもの)を破壊する
3 ウィルス等の出す毒素を無害化する

1 ウイルスがくっつかないようにフタをする
ウイルスが細胞の中へ入るためには、
表面にあるスパイクと呼ばれるクギのようなものを使います。

EGCgは、このスパイクに取り付く性質があり、
ウイルスが侵入しにくくしてくれます。

2 ウイルスのエンベロープを破壊する

エンベロープとは、ウイルスがまとっている「殻」のようなものです。
(まとっていないものもいます。)
このエンベロープは主に脂質でできており、
EGCgはこの殻を破壊してしまいます。

エンベロープを破壊されたウイルスは死んでしまいます

3 ウィルス等の出す毒素を無害化する
ウイルスが出す「毒素」は、
ほとんどがタンパク質でできています。
EGCgはこのタンパク質と結合して、「毒素」を阻害します。

また、特定のウイルスの逆転写酵素にも結合するため、
ウイルスのコピー・増殖を抑えることができます。

これらの「EGCgによって抑制される条件」に
新型のコロナウイルスが当てはまっているかを考えてみましょう。

おさらいですが、

武漢発とされる新型コロナウイルスは、
エンベロープとスパイクを持つウイルスです。(*2)
よって、EGCg(=緑茶)でウイルスを駆除することができます

緑茶で新型コロナウイルスを予防する

緑茶はできれば残留農薬などの薬品未使用のもの、

添加物のないものを選んでください。

1 こまめな緑茶の摂取
最近は、診察のわずかな合間に、
ちょこちょこと緑茶を飲んでいる医師が増えています。

口腔内のウイルスを除去しているんですね。
また、緑茶は私たちの免疫力を高めてくれます。

不思議なことに、
通常濃度の緑茶は摂取すると、
私たちの体に良くない細菌やウイルスの多くを抑制する一方で、
善玉菌と言われるビフィズス菌などの乳酸菌は増えるんです。

カテキンの一部は、

わずかながら血中へ入り全身を巡ります。
また、外敵を捕食するマクロファージを活性化してくれます。

飲み方ですが、

水分補給のように一度にぐびっと飲むのではなく、

ちょびちょびと口内を濡らすようなイメージで

細かく摂取するといいです。

10〜15分に一度口に含み、

お茶(EGCg)で口内や喉奥を濡らす感じです。

2 緑茶をスプレー(噴霧)する
80度以上のお湯で淹れた緑茶を冷まし、
5〜10倍程度にミネラルウォーターで薄めます。

(EGCg濃度50〜100ppm想定)

緑茶がウイルスそのものを壊してくれるので、
スプレーボトルや噴霧器で
室内や衣服、手や物など、
気になるところに直接スプレーします。

通常濃度以下であれば、
緑茶はアルコールと違い、
人体への害はほぼありません。

マスクを着用するなら、
裏地にスプレーすると良いでしょう。

3 呼気で吸引する
2で作った「薄めたお茶」を、
音波式の加湿器などで霧にして吸い込みます。
気管や肺に侵入したウイルスも抑えることができます。

新型コロナウイルスは、他のコロナウイルスと同様、
口、喉、肺、鼻で
活発に活動している可能性があります。

特に鼻腔(鼻)で増殖する可能性がありますので、
鼻呼吸を通じて緑茶を送り込むのは有効と考えられます。

4 出がらしの茶葉で入浴
使った緑茶の茶葉を浴槽に入れて入浴します。
茶葉にはまだ、
カテキンやその他の栄養素が残っています。

出がらしの茶葉は、
全身の除菌(やウイルス除去)に適した濃さで、
入浴が楽しめます。

体も温まり、リラックスしますので、
免疫力も高まります。

注意点

1 除菌はやり過ぎない
ウイルスの除去を目的に本記事は書いておりますが、
本来、人間の体は、

微生物の絶妙なバランスと相乗効果で維持されています

「悪い菌やウイルスをやっつけてくれる」は確かにそうですが、
多くの場合「有益な菌」も減らしてしまい、
バランスを崩してしまいます。

緑茶のカテキンも例に漏れません。
ただ、通常濃度ですと、
もっとも恩恵の多い乳酸菌たちは「除菌」されず、
むしろ数を増やすことがわかっています(*3)。

アルコールや石鹸による手洗いよりも、

緑茶を勧める理由の一つです。

2 予防はできるが感染後のウイルス除去は困難
大いに、予防効果が期待できる緑茶ですが、
一度感染した場合は、緑茶(カテキン成分)が
体内のウイルスを駆除してくれる効果はあまり期待できません。

ただ、緑茶による除去が困難になるだけで、
やる価値は十二分にあります。

それは、緑茶がもたらす抗酸化作用、免疫力促進が
体内でのウイルスとの戦いに貢献してくれるからです。

3 トクホ系は使わないほうがいい
緑茶のトクホ系には、カテキンを大幅に増やしたものがあります。
主に脂肪燃焼を助ける、等のメリットで展開されていますが、
高濃度のカテキンは乳酸菌までも除菌します。

腸内が更地のようになる可能性がありますので、
まっさらな腸内で都合の悪い菌やウイルスが繁殖し始めると、
どんな疾患につながるかわかりません。

通常濃度の緑茶ならそんな心配はありませんので、
茶葉(できれば抗生物質や農薬のないもの)を

購入されることをお勧めします。

とはいえ、火急の問題ですので、
家に一つ二つある緑茶の茶葉やTパックを探してみてください。

4 過信しない、依存しない

高い高ウイルス効果や恩恵も多い緑茶ですが、

ガバガバ飲めばいい、というわけではありません。

また、緑茶さえ飲んでいればいい、というわけでもありません。

「過ぎたるは及ばざるが如し」です。

5 体調不良はまず病院へ

緑茶の感染した細胞からウイルスを除去する力は、

格段に落ちます。

体調不良を感じ、

万一それが新型コロナウイルス による場合は、

社会的にも影響を与えてしまいます。

自己判断せず、病院で検査してもらいましょう。

少しでも被害が軽くなり収束が早まることを願ってやみません。

読みやすいようすべきですが、
とりあえず書く、ということに専念しました。

長文・乱筆で、読みづらかったかと思いますが、
ご容赦のほどよろしくお願いいたします。

引用、参考文献・サイト

*1 カテキンの抗菌活性から臨床応用へ

https://www.jstage.jst.go.jp/article/jsma/70/1/70_1_58/_pdf

*2 中国が公開したウイルスの画像より 出:スプートニクhttps://jp.sputniknews.com/incidents/202001247043922/

*3 茶カテキン類の機能性とそれらの応用例 https://www.jstage.jst.go.jp/article/jafps1997/26/1/26_1_47/_pdf

主な参考文献およびサイト
『奇跡のカテキン―お茶に潜む驚異のパワー』島村忠勝 2000.3
『ウイルス・細菌の図鑑』北里英郎 原和矢 中村正樹 2016
『あなたの体は9割が細菌 微生物の生態系が崩れはじめた 』アランナ・コリン
各種製茶の煎出条件とカフェイン・タンニン溶出量及び味との関係 https://www.jstage.jst.go.jp/article/cookeryscience1968/27/1/27_31/_pdf

ぱそろじすと・あっと・ざ・らぼ https://www.minesot.com/2020/01/2019-ncov.html

公益財団法人長寿科学振興財団 https://www.tyojyu.or.jp/net/kenkou-tyoju/shokuhin-seibun/catechin.html

厚生労働省 新型コロナウイルス に関するQ&A https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/dengue_fever_qa_00001.html

国立感染症研究所 https://www.niid.go.jp/niid/ja/from-idsc/2482-corona/9303-coronavirus.html

MRSA除菌のためのカテキン吸入療法の検討 https://www.jstage.jst.go.jp/article/jscpt1970/32/2/32_2_293S/_pdf/-char/ja

紅茶エキスによるインフルエンザウイルス感染性の阻止 http://journal.kansensho.or.jp/kansensho/backnumber/fulltext/68/824-829.pdf

カテキンの効果
https://school.gifu-net.ed.jp/ena-hs/ssh/H29ssh/sc2/21743.pdf

wikipedia コロナウイルス  https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B3%E3%83%AD%E3%83%8A%E3%82%A6%E3%82%A4%E3%83%AB%E3%82%B9

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA